パソコンとデータのやりとりに最適なクラウドストレージサービス



スポンサーリンク



クラウドを意識せずにパソコンやスマホでデータを同期できる

スマート丼のデータをパソコンからスマートフォンへデータをコピーする際、通常はUSBケーブルやWi-Fiを使って転送するが、いちいち接続する手間は結構面倒なもの、そこで活用したいのが、ネットを経由してパソコンやスマートフォンのデータを同期してくれるクラウドストレージサービスだ。

 

「Dropbox」は、パソコンちゃスマートフォンのファイルをクラウド上へアップロードして同期し、いつでもどこでも最新のファイルをとりだすことができるサービス。自宅でも、外出先でも、会社でも、同期作業を意識することなく常に最新のファイルを利用できる。自宅パソコンのDropboxフォルダへファイルをXperia Z4から利用できるので非常に便利だ。

 

逆に、Xperia Z4内のファイルをDropboxアプリへ送れば、自動的にパソコンのDropboxフォルダへそのデータが保存される。また、「カメラアップロード」機能を利用すれば、スマホで撮影したシャア品を自動的にDropboxへwアップロードすることも可能だ。

 

Dropbox

Dropbox
開発元:Dropbox, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

Dropboxへログインしてクラウドストレージを利用

1・Dropboxへサインインする

Dropboxのアカウントをもっていれば、「ログイン」をタップしてサインインしよう。持っていない場合は新規アカウントを作成する。

 

2・カメラアップロードを設定する

「カメラアップロード」の設定画面になる。スマートフォンで撮影した写真や動画を、自動的にDropboxにアップロードする場合はONにしておこう。

 

3・同期されたファイルを操作

ファイル一覧が表示される。閲覧したいファイルを探してファイル名のロングタップで共有などの各種操作メニューの表示できる。

 

4・同期されたファイルの閲覧

ファイル名をタップすると、ファイル形式に応じて内臓ビューワや他のアプリでファイルを閲覧できる。テキストファイルは、内臓エディタの「DBテキストエディタ」で編集あうることも可能だ。

 

5・他のアプリのファイルを保存

他のアプリからデータをDropboxへ保存する場合は、各アプリの共有メニューから「Dropboxに送信」をタップする。URLリンクなどは、テキストファイルとして保存される。

6・大きなファイルを受け渡す

Dropboxを使えば、メールでは送信できない大きなファイルも他のユーザーへ受け渡せる。相手がDropboxユーザーでなくても問題ない。

xperia xz







XPERIA Z4 完全ガイド


関連記事

ページ上部へ戻る